*

我がサッカー人生に悔いなし!

みなさんスポーツは好きですか?

サッカーを愛していますか?

僕自身スポーツに関わり素晴らしい体験させていただきました。

 

サッカーに出会ったのは小さいときでむしろその時は野球が好きだった。

しかし、早い球が打てなく中学から本格的にサッカーをやることになった。。。

入学した六角橋中学のサッカー部に入り、学校生活を過ごしてきました。

サッカー部はレベルが高く、個性的な選手と指導者でいろんな意味で恵まれていました。練習はミニゲームがほとんどで壁シュートやった記憶はない。実践から学ばせることに主眼を置いていたのかわからないがそのおかげでサッカーが好きになった。

高校は横浜商業高校に入り、プロになりたいとかはあまり考えていなかった。ただ、サッカーが好きで楽しくやれる環境を探しこのY校を選んだ。

そこでも、人に恵まれ楽しい高校生活を送る頃ができました。ちなみに、なにも実績を残せなく選手権も一番下の一回戦で負け。選手権やインターハイは無縁でした。

 

転機は大学かな。。素晴らしい指導者に人間的にもサッカー的にも成長させてもらった。

一般入部で神奈川大学サッカー部に入部することができ(セレクションはきつかった。。)、強豪校からたくさん入部してきていて緊張しまくり|д゚)

 

逆にその反骨精神が成長に繋がったのか、一年の終わりくらいからトップチームに絡めるようになり二年で試合にも出れるようになれた。

 

プロを意識したのは、大学三年からでJのチームと練習試合をするようになってから距離をはかれたというか物差しができなにが足りないかなど具体的に考えることができたのがよかった。

その年に、ベストイレブンを獲得することもでき、チームも関東リーグで優勝することができ充実した年を送れた。

 

四年ではコンスタントに出場し、退場して出れなかった試合以外ほとんど出たのかな。

その結果、徳島ヴォルティスからオファーがあり、翌年入団することになりました。

 

現在は、コーチやサッカーに携わっていますがサッカー選手は現実的には厳しく戦力外になった後どうするかどうしていきたいかのビジョンをもっておかないと大変なことになる。

 

そういった人たちが安心してセカンドキャリアを迎えられるような場を今後作っていきたいと考えています。

 

そのために様々なチャレンジと行動力で基盤を作って言いたいと思います。

協力していただける方がいらっしゃいましたら是非お願いいたします。

 

このブログを通して、サッカー選手の価値と引退後をサポートできるような環境を作りたいと考えております。

 

よろしくお願いいたします。

公開日:
最終更新日:2014/12/14